土砂災害警戒区域、土砂災害特別警戒区域について

公開日 2020年09月22日

最終更新日 2020年09月23日

土砂災害を未然に防ぐためには、まず「自分の身は自分で守る」という心構えが大切です。
日頃から、自分の身のまわりのどこにどのような危険個所があるか、また、いざという時に備えて、避難場所や避難経路を確かめておきましょう。

土砂災害の種類と前兆現象(前ぶれ)

土砂災害のおそれのある場所

土砂災害警戒区域(通称:イエローゾーン)
 大雨などにより、急傾斜地の崩壊等が発生した場合、住民の生命や身体に危害が生じるおそれがあると認められる区域。

土砂災害特別警戒区域(通称:レッドゾーン)
 土砂災害警戒区域(通称:イエローゾーン)の内、建築物に損壊が生じ生命又は身体に著しい危害が生じるおそれがあると認められる区域で、特定の開発行為に対する許可制、建築物の構造規制等が行われる区域。

土砂災害警戒区域の指定基準

土石流
 渓流の勾配が3度以上あり、土石流が発生した場合に人家や公共施設等の被害が予想される危険区域。
地すべり
 空中写真の判読や災害記録の調査、現地調査によって、地すべりの発生するおそれがあると判断された区域のうち、河川・道路・公共施設・人家等に被害を与えるおそれのある区域。
急傾斜地(がけ崩れ)
 傾斜度30度以上、高さ5m以上の急傾斜地の崩壊によって被害が想定される区域に人家や公共施設のある急傾斜地およびその近接地 。

井原市の土砂災害警戒区域、土砂災害特別警戒区域

 区域の指定は、岡山県が行います。令和2年5月までで、井原市では、土砂災害警戒区域は592箇所、土砂災害特別警戒区域は416箇所が指定されています。

指定区域一覧
 下記のリンク先でご確認ください。

 土砂災害警戒区域及び土砂災害特別警戒区域の指定箇所一覧表 (岡山県防災砂防課) <外部リンク>


指定区域の位置
 井原市防災マップは、平成29年度に更新をおこなっており、土砂災害特別警戒区域は記載されていません。土砂災害特別警戒区域は、下記の「おかやま全県統合型GIS」で確認することができます。

井原市防災マップ冊子[PDF:21MB]

おかやま全県統合型GIS <外部リンク>

お問い合わせ

危機管理課
住所:〒715-8601 岡山県井原市井原町311番地1 本庁舎3階北側
TEL:0866-62-9550
FAX:0866-62-1744

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

※「用語解説」のリンクは、「Weblio辞書」の用語の解説ページが別ウィンドウで開きます。