年金を受けている人が亡くなったとき

公開日 2016年12月19日

最終更新日 2017年01月27日

受給者が亡くなられたとき

年金の支払は年6回、支払月の前月までの2ヶ月分が支払われます。
(例.6月・7月の2ヶ月分⇒8月に支払)
また、受給権が消滅した月まで年金は支払われるので、受給者が死亡した場合、原則として常に1ヶ月以上の未支給の年金が残ります。
したがって、死亡した後なるべく早く『未支給年金・保険給付請求書』を年金事務所へ提出してください。

未支給の年金を請求できるのは下記の順です。
(1)配偶者 (2)子 (3)父母 (4)孫 (5)祖父母 (6)兄弟姉妹(7)その他3親等内の親族

◆必要な添付書類
1.戸籍謄本(死亡者と請求者の続柄の証明)
2.住民票(生計同一の証明)
3.死亡者の年金証書
4.印鑑
5.請求者の金融機関の通帳
6.委任状(代理人が手続きの場合)

※その他、受給されていた年金や請求者によって必要な書類がありますので、
年金事務所または保険年金係までご相談ください。

関連リンク
 年金を受けている方が亡くなった時
 

 

<お問い合わせ>
 ・市民生活部 市民課 保険年金係
  住所:〒715-8601
     岡山県井原市井原町311番地1 本庁舎1階北側
  TEL:0866-62-9514
  E-Mail:shimin@city.ibara.lg.jp

 ・芳井支所 芳井振興課
  住所:〒714-2111
     岡山県井原市芳井町吉井253番地1 支所1階
  TEL:0866-72-0110

 ・美星支所 美星振興課
  住所:〒714-1406
     岡山県井原市美星町三山1055番地 支所1階
  TEL:0866-87-3111

※「用語解説」のリンクは、「Weblio辞書」の用語の解説ページが別ウィンドウで開きます。