災害を察知する

公開日 2017年01月04日

最終更新日 2017年02月08日

土砂災害の多くは雨が原因で起こります。
1時間に20ミリ以上、または降り始めから100ミリ以上になったら警戒が必要です。

○地すべりの兆候
・沢や井戸の水が濁る
・地面にひび割れができる
・斜面から水がふき出す
・家や擁壁に亀裂が入る
・家や擁壁、樹木や電柱が傾く

○がけ崩れの兆候
・がけに割れ目が見える
・がけから水が湧き出ている
・がけから小石がぱらぱらと落ちてくる
・がけから木の根が切れるなどの音がする

○土石流の兆候
・山鳴りがする
・急に川の流れが濁り、流木が混ざっている
・雨が降り続いているのに川の水位が下がる
・腐った土の匂いがする

 

 

お問い合わせ


市民生活部 協働推進課 危機管理係

住所:〒715-8601 岡山県井原市井原町311番地1 本庁舎3階北側

TEL:0866-62-9550(内線237)

FAX:0866-62-9562

E-Mail:kyoudou@city.ibara.lg.jp

※「用語解説」のリンクは、「Weblio辞書」の用語の解説ページが別ウィンドウで開きます。