少花粉スギ等普及促進事業(岡山県)

公開日 2017年01月04日

最終更新日 2017年01月25日

岡山県では、花粉症の主な原因と言われている、スギ・ヒノキの花粉を低減させるための取り組みを進めています。

 

 植物の花粉によって引き起こされる花粉症については、国民の約2割が罹患するなど国民病となっています。
 このため、岡山県では花粉症の発生原因との一つとなっているスギ林等について、花粉の少ないスギ品種等への植え替えを促進するため、少花粉スギ苗木等の安定供給体制の整備、少花粉スギの植栽等を支援し、人に優しい森づくりを実施しています。


◆少花粉スギ等造林対策
岡山県では、花粉の少ないスギ品種等への植え替えを促進するため、植栽及び下刈りに対して助成を行っております。

◆事業名
少花粉スギ等普及促進事業

◆事業主体
市町村、森林組合、森林所有者等

 


【参照】 岡山県ホームページ
少花粉スギ・ヒノキ普及推進の取組について

お問い合わせ

農林課
住所:〒715-8601 岡山県井原市井原町311番地1 本庁2階
TEL:0866-62-9522
FAX:0866-62-1744

※「用語解説」のリンクは、「Weblio辞書」の用語の解説ページが別ウィンドウで開きます。