軽自動車税の税率について

公開日 2017年01月25日

最終更新日 2017年03月22日

地方税法により、軽自動車税の税率は下記のとおりとなっています。

 

原動機付自転車および二輪車等
車   種 年税額
原動機付自転車 50cc以下   2,000円
90cc以下   2,000円
125cc以下   2,400円
小型特殊 農耕用   2,400円
その他   5,900円
軽自動車 二輪のもの(250cc以下)         3,600円
二輪の小型自動車(250cc超)   6,000円
ミニカー   3,700円
被けん引車   3,600円

 

三輪、四輪以上の車両
種   別 A:旧税率 B:新税率 C:重課税率
軽自動車 三輪のもの 3,100円 3,900円 4,600円
四輪以上のもの 乗用 営業用 5,500円 6,900円 8,200円
自家用 7,200円 10,800円 12,900円
貨物用 営業用 3,000円 3,800円 4,500円
自家用 4,000円 5,000円 6,000円

A:平成27年3月31日までに新規登録した車両は、登録から13年を経過するまで適用されます
B:平成27年課税年度の前年4月1日以降に新規登録した車両は、登録後13年を経過するまで適用されます。
C:新規登録から13年を経過した環境負荷の大きい車両に対して適用されます。

※新規登録とは・・・
 軽自動車検査協会に初めて登録申請し受理された年月(登録年月日)のことで、初度検査年月として車検証に記載されていますので、ご確認ください。
 なお、H15年10月14日以前に最初の新規検査を受けた車両については、初度検査年月に「月」の記載が無いものもあるため、その年の12月を初度年月日とみなすことになります。
例)・平成15年10月→平成15年10月  ・平成14年→平成14年12月  ・平成15年9月→平成15年12月

 

 

≪軽自動車税のグリーン化特例≫
対象車両:三輪及び四輪以上の軽自動車

三輪及び四輪以上の車両について、H28年4月1日からH29年3月31日までに新規登録されたもので排出性ガス性能及び燃費性能の優れた、環境負荷の小さいものについて、H29年度分の軽自動車税の税率が減額されます。

三輪、四輪以上の車両のグリーン化特例
対象車 内容
電気自動車・天然ガス自動車 75%軽減 三輪のもの  1,000円
四輪以上のもの 乗用 営業用  1,800円
自家用  2,700円
貨物用 営業用  1,000円
自家用  1,300円













乗用車
 H32年度燃費基準+20%達成車 

貨物車
H27年度燃費基準+35%達成車

50%軽減 三輪のもの  2,000円
四輪以上のもの 乗用 営業用  3,500円
自家用  5,400円
貨物用 営業用  1,900円
自家用  2,500円

乗用車
H32年度燃費基準

貨物車
H27年度燃費基準+15%達成車

25%軽減 三輪のもの  3,000円
四輪以上のもの 乗用 営業用  5,200円
自家用  8,100円
貨物用 営業用  2,900円
自家用  3,800円

 

関連記事

※「用語解説」のリンクは、「Weblio辞書」の用語の解説ページが別ウィンドウで開きます。