農地に関する許可等

公開日 2017年01月05日

最終更新日 2017年01月25日

農地に関する許可等について

 

・農地の売買,貸借
 農地を耕作目的のために売買,貸借等を行うとき,または他の用途に転用しようとするときは,農業委員会(場合により県知事)の許可が必要です。

 

・農地改良(農地の形状変更)
 農業上の利用の改善を目的として,農地の所有者又は耕作者が農地の盛土又は掘削等を行おうとする場合,届出又は許可が必要となります。

 

次の要件すべてを満たしている場合は,「軽易な農地改良」として,農業委員会への届出が必要です。
 ア 改良する農地面積が,1,000平方メートル以下
 イ 工事期間が3ヶ月以内
 ウ 盛土の高さ又は掘削の深さが1.0メートル以下

※軽易な農地改良以外の農地改良は,農地法による一時転用の許可が必要となります。

 

・農業経営基盤強化促進法
 経営規模を拡大するために農地を借りたい人と,縮小するために農地を貸したい人の要望によって,市が中に入り借手の規模拡大を促進しています。
 市が仲介した貸借のため双方とも安心して農地の貸し借りができます。
 また,契約期間がくれば確実に貸した農地の返還を受けられますし,引き続き貸すことも可能です。

 


・標準小作料
 賃貸借当事者間の小作料の目安となるよう,標準小作料を定めています。(必要の都度改定)

お問い合わせ

農林課
住所:〒715-8601 岡山県井原市井原町311番地1 本庁2階
TEL:0866-62-9522
FAX:0866-62-1744

※「用語解説」のリンクは、「Weblio辞書」の用語の解説ページが別ウィンドウで開きます。