災害時等避難行動要支援プランについて

公開日 2017年07月11日

最終更新日 2017年07月11日

災害時に、自力での避難が困難な方(避難行動要支援者といいます。)を地域で支援するため、あらかじめ支援をする人を地域で決め、災害発生時に迅速かつ安全に避難するための計画です。
 

災害時要援護者避難支援プランとは


井原市では、災害時や災害発生のおそれがある場合に、一人では避難が困難で、何らかの助けを必要とする人が支援を受けることができるよう、「井原市災害時要援護者避難支援プラン」を策定しました。


◇◇災害時要援護者とは◇◇

次に掲げる方のうち、自分で避難することが困難で、災害時等において地域での支援を希望する方であって、地域での見守りや避難時の支援を必要とする人のことです。

(1)介護保険の要介護3以上の者
(2)身体障害者(身体障害者手帳1・2級)
(3)知的障害者(療育手帳A)
(4)精神障害者(精神障害者保健福祉手帳1級)
(5)ひとり暮らし高齢者
(6)高齢者のみ世帯
(7)難病患者
(8)その他((1)~(7)に準ずる方で災害時には支援が必要な方)
 


◇◇災害時要援護者の登録◇◇

支援を希望される方は、市に「井原市災害時要援護者登録申請書兼台帳」を提出していただきます。
市はこの申請書に基づき、支援に必要な情報を登録・管理し、避難支援者及び支援組織と行政に情報を提供します。登録申請書兼台帳は、本人や自治会等で避難支援者を決め、申請書を市に提出していただきます。

作成された登録台帳は、避難支援者、自主防災組織(自治会等)、消防団、民生委員等にお渡しし、災害時等の支援体制を整えていただくために活用します。
登録台帳には個人情報が掲載されますので、情報を提供してもよいというご本人の同意が必要になります。

登録台帳には、住所、氏名、性別、電話番号などの他、緊急時の連絡先や支援が必要な理由等、災害時や平常時の支援に役立つと思われる事項や、避難支援者の情報も記入していただきます。
障害等の理由で、本人の申請書への記入や申請が困難な場合は、配偶者、扶養義務者や保護者により代理記載、代理申請してください。

※ 災害の状況によっては、避難支援者を含め多くの方が被害にあわれて、支援をできないこともあります。そのため、登録をしたからといって、必ず支援が受けられるとは限りません。自分の身は自分で守るという心構えと備えを忘れないようにしてください。


◇◇避難支援者とは◇◇

要援護者に対し、災害の発生の恐れや発生したときに、災害に関する情報を伝え、一緒に避難するなどの支援を行っていただく方です。このような活動ができるよう、日頃から声掛けや相談等も行っていただきます。

いざというとき、すぐに支援ができるように、要援護者の意向を踏まえて、協力の得られた近隣住民の方々の中から2名程度にお願いしていただきます。避難支援者の氏名等の個人情報も登録台帳に記載されますので、支援を行うために必要な個人情報を提供することについて同意していただくことになります。
※ 「地域支援者」は、災害時要援護者の避難誘導等に関して、決してその責任が間われるものではありません。


◇◇地域支援組織の立ち上げを◇◇

災害時等には、消防を始めとする行政機関や消防団などが、避難住民の誘導など、様々な公的支援を行いますが、それだけでは限界があります。
この制度は、災害時要援護者を地域の中で見守り、災害が発生し、また発生が予想される場合には、地域支援者や地域の人たちが一緒に避難するなど、要援護者の支援を行うという共助の精神に基づく地域活動です。

白主防災組織、行政区、民生委員など地域の皆さまには、このような趣旨をご理解いただき、支援組織の立ち上げをお願いします。


◇◇登録はいつから◇◇

要援護者を登録しても、その人を支援する人がいなくてはこの計画ははじまりません。まず、地域に自治会や自主防災組織が中心となって、避難支援者を確保し、災害を想定した避難所の確認や避難ルートの調査が必要です。

地域で、普段から災害時に安全に避難できるよう話し合い、地域のつながりを強め、支援組織を立ち上げて頂きます。
組織が立ち上がったら、市に連絡して頂きます。
市は、その地域と地区住民に要援護者の登録開始をお知らせします。そこで、支援組織を通じて災害時要援護者登録申請書兼台帳を市に提出してください。

災害時要援護者避難支援プランのお問い合わせは
市民生活部協働推進課 電話 62-9508

個別プラン(登録)についてのお問い合わせは
健康福祉部福祉課 電話 62-9516

お問い合わせ

福祉課
住所:〒715-8601 岡山県井原市井原町311番地1 本庁舎1階南側
TEL:0866-62-9518
FAX:0866-62-9310

※「用語解説」のリンクは、「Weblio辞書」の用語の解説ページが別ウィンドウで開きます。