B型肝炎ワクチンの定期接種がはじまります

公開日 2017年01月18日

最終更新日 2017年01月18日

 平成28年4月1日以降に生まれたお子さんを対象に、平成28年10月1日から、B型肝炎ワクチンの定期接種(接種料金が無料)がはじまります。

B型肝炎とは?B型肝炎ワクチンとは?

◆  B型肝炎は、B型肝炎ウイルスの感染により起こる肝臓の病気です。

◆  B型肝炎ウイルスへの感染は、一過性の感染で終わる場合と、そのまま感染している状態が続いてしまう場合(この状態をキャリアといいます)があります。キャリアになると慢性肝炎になることがあり、そのうち一部の人では肝硬変や肝がんなど、命に関わる病気を引き起こす場合があります。

◆  ワクチンを接種することで、体の中にB型肝炎ウイルスの抵抗力(免疫)ができます。

◆  免疫ができることで、一過性の肝炎を予防できるだけではなく、キャリアになることを予防でき、まわりの人への感染も防ぐことができます。

B型肝炎ワクチンの定期接種の概要

<開始時期>平成28年10月1日から

<対象者>平成28年4月1日以降に生まれた、1歳未満のお子さん

<接種回数>1歳の誕生日の前日までに、計3回

<接種方法>27日以上の間隔で2回接種後、1回目の接種から139日以上の間隔をおいて1回接種

<標準的な接種期間>生後2か月~9か月までの期間

<費用>無料(1歳を超えると自己負担になりますので、ご注意ください)

<接種場所>井原市内の協力医療機関(表参照)または県内の協力医療機関に事前予約の上、接種してください。

※接種開始日は、平成28年10月1日です。

※岡山県外で接種する場合は事前に「他市依頼交付申請書」の提出が必要です。接種前に健康医療課(井原保健センター内)で手続きをしてください。

<持参物>○母子健康手帳 ○予診票(実施医療機関、健康医療課にあります)

平成28年9月30日以前の接種の取扱いについて

・平成28年9月30日までに接種した分の接種費用は、全額自己負担(有料)となります。

・平成28年9月30日までに定期接種に定められた方法で任意接種を受けた分は、定期接種を受けたものとしてみなします。

・HBs抗原陽性の妊婦から生まれた乳児として、健康保険によりB型肝炎ワクチンの投与(抗HBs人免疫グロブリンを併用)の全部または一部を受けた方は、定期予防接種の対象者から除かれます。

〔例〕

平成28年4月1日以降に生まれた方で、9月30日までに1回接種済みの方

10月1日以降1歳に至るまでの間(1歳の誕生日前日まで)に残る2回を定期接種として受けることができます。※ただし、1歳の誕生日以降は定期接種とはなりません。

平成28年4月1日以降に生まれた方で、9月30日までに2回接種済みの方

10月1日以降1歳に至るまでの間(1歳の誕生日前日まで)に残る1回を定期接種として受けることができます。※ただし、1歳の誕生日以降は定期接種とはなりません。

平成28年4月1日以降に生まれた方で、9月30日までに3回接種済みの方

10月1日以降1歳に至るまでの間(1歳の誕生日前日まで)であっても、規定回数を接種済みとみなされるため、定期接種として受けることはできません。

☆☆注意☆☆

 1回目の接種から3回目の接種を終えるまでには、おおよそ半年間かかります。特に、平成28年4月、5月生まれの方であって、平成28年10月の定期接種開始以降初めてB型肝炎ワクチンを受けられる方は、10月時点ですでに生後5~6か月が経過しているので、接種日程の管理が重要となります。主治医とよく相談し、早めに接種しましょう。

B型肝炎予防接種実施医療機関一覧表 ※必ず電話予約をしてください

医 療 機 関 名

電話番号

医 療 機 関 名

電話番号

井原市民病院小児科

62-1133

國司内科医院

63-0739

ほそや医院

62-1373

前谷内科クリニック

63-4888

森本整形外科医院

62-6000

赤木医院

74-0802

鳥越医院

63-1656

河合医院

72-1556

青木内科

67-3138

赤木医院共和診療所

74-0624

井原第一クリニック

67-0331

山成医院

72-0101

お問い合わせ

健康医療課
住所:〒715-0021 岡山県井原市上出部町658-2 井原保健センター1F
TEL:0866-62-8224
FAX:0866-62-8249

※「用語解説」のリンクは、「Weblio辞書」の用語の解説ページが別ウィンドウで開きます。