モニタリングに係る「特段の事情」の取扱いについて

公開日 2017年01月20日

最終更新日 2017年01月20日

介護支援専門員で、モニタリングに係る「特段の事情」の判断が必要な場合は申請してください。

厚生労働省令において、介護支援専門員は、特段の事情がない限り、少なくとも1か月に1回は利用者の居宅で面接を行い、モニタリング結果を記録することが必要とされています。
この場合の「特段の事情」とは、利用者の事情により利用者の居宅を訪問し、利用者に面接することができない場合を指し、介護支援専門員に起因する事情は含まれません。

本市では、この「特段の事情」についての取扱いを次のとおりとしますので、居宅介護支援事業者におかれましては、ご留意ください。


【注意】
本市に申請等がないまま、事業者自ら「特段の事情」に該当すると判断していた場合で、「特段の事情」に該当しないと本市が判断した場合は、不適切な給付として返還を求めることがあります。

関連書類 ※ダウンロードします

モニタリングに係る「特段の事情」の取扱いについて [PDF:153KB]

モニタリングに係る「特段の事情」申請書 [XLSX:14KB]

県通知 平成21年2月27日付 [PDF:77KB]

 

 

お問い合わせ

介護保険課
住所:〒715-8601 岡山県井原市井原町311番地1 本庁舎2階北側
TEL:0866-62-9519
FAX:0866-65-0268

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

※「用語解説」のリンクは、「Weblio辞書」の用語の解説ページが別ウィンドウで開きます。