土木工事等を行うときは、「周知の埋蔵文化財包蔵地」の確認をお願いします

公開日 2017年01月22日

最終更新日 2017年01月31日

一般に遺跡と呼ばれている古墳、集落跡、城館跡、社寺跡、貝塚等は「埋蔵文化財」と呼ばれており、これら遺跡が地下に埋もれている土地を「周知の埋蔵文化財包蔵地」と呼ばれ、井原市にも※562か所の遺跡が確認されています。

こうした周知の埋蔵文化財包蔵地で土木工事や開発行為を行う場合は、文化財保護法による届け出が必要となりますので、必ず教育委員会文化課へご相談ください。また、工事や開発行為の場所が、埋蔵文化財包蔵地に隣接する場合でも調査が必要になる場合がありますので、文化課までお問い合わせください。

※平成15年3月31日 岡山県教育委員会発行
「改訂 岡山県遺跡地図」〈第4分冊 井笠地区〉より
○旧井原市 302か所
○旧美星町 194か所
○旧芳井町 66か所

 

「周知の埋蔵文化財包蔵地」の取り扱いに関する流れ[PDF:88KB]

文化財保護法抜粋[PDF:6KB]

 

おかやま全県統合型GIS

お問い合わせ

文化課
住所:〒715-8601 岡山県井原市井原町311番地1 本庁舎4階南側
TEL:0866-62-9541
FAX:0866-62-0332

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

※「用語解説」のリンクは、「Weblio辞書」の用語の解説ページが別ウィンドウで開きます。