住宅リフォーム補助金

公開日 2017年01月27日

最終更新日 2017年03月24日

平成29年度も引き続き、住環境の向上と地域経済の活性化を図るため、市内建築業者などにより住宅の改修や修繕などを行った場合、経費の一部を補助します。

注)市からの補助金交付決定通知を受けた後に、改修・修繕に着手して下さい。事前着手した場合は、補助金が交付されませんのでご注意下さい。

※補助金申請は1回限りとしていましたが、平成27年4月1日から補助金の上限額20万円に達するまで、複数回申請できることになりました。
例えば、以前1回申請し、補助金を18万円もらわれた方は、残り2万円の補助金をもらう申請を再度できることになります。ただし、再度50万円以上の工事を行う必要があります。

※申請受付は地域創生課(地場産業振興センター2F)で行っています。

◆補助対象工事(改修、修繕・模様替え、設備改善などの工事)
 次のすべての要件を満たす工事
(1)市内建築業者など(一人親方を含む)が補助対象工事の主たる施工業者であること
 ※下請けを含めて、対象経費に占める市内事業者の施工割合が50%以上であること
(2)補助対象工事に掛かる経費が50万円以上であること
(3)補助金の交付決定後に補助金対象工事に着手すること
(4)補助金の交付決定を受けた年度内に工事を完了し、当該年度の末日までに実績報告書を提出すること

注:井原市の他の補助事業(耐震改修、太陽光発電システム設置、浄化槽設置整備、介護保険の住宅改修サービスなどと併せて補助を受けることができますが、それらの補助対象となる工事費はリフォーム補助対象工事に要する経費からは除いてください。)

 【補助対象工事例】
 ●改修工事
  (1)住宅本体の屋根、外壁、基礎、天井、床、内壁などの改修工事
  (2)併用住宅の非個人住宅部分(店舗、事務所など)を居住用に改修する工事
  (3)居室、台所、浴室、便所などの改修工事
  (4)住宅本体の建具(窓、ふすま、戸など)の取り換え工事
  (5)住宅本体の居住部分の床面積を一部増加させる工事
  (6)住宅本体の改修工事に伴う設備の導入または交換工事
 ●修繕・模様替え工事
  (1)住宅本体の修繕工事
  (2)住宅本体の模様替え工事
  (3)(1)と(2)に伴う設備の導入または交換工事
 ●その他
  市長が適当と認める工事


◆補助対象者
 次のすべての要件を満たす人
(1)市内に住民登録をしている人
(2)納期の到来した市税、介護保険料を完納している人
(3)補助を受けようとする工事について国や県、市などのほかの制度による補助を受けていない人
 ※複数の工事で当該補助の対象となっていない工事については補助対象とする


◆補助対象住宅
(1)補助対象者(申請者)が所有し、その住宅に居住していること
(2)補助を受ける年度の1月1日現在、市内に住宅があること
(3)マンションなどの集合住宅は補助対象者の占有部分のみを、併用住宅については補助対象者の居住部分のみ補助対象
 ※賃貸住宅や営利目的の住宅などは補助対象外


◆補助率   補助対象経費の1/10(千円未満切り捨て)


◆補助上限額 20万円
       (平成23年度~平成28年度の交付も含む)
 

◆申請添付書類
(1)施工内容、積算内容がわかる見積書の写し
(2)補助対象工事を施工する箇所の写真と図面
(3)申請者の市税、介護保険料の完納証明書
(4)住宅の所有者を特定できる書類
(5)その他市長が必要と認める書類

 ※申請書は地域創生課、各支所にあります
  また、ホームページからもダウンロードできます


◆補助金申請受付窓口  建設経済部 地域創生課 地域創生係
            (井原市七日市町10番地 
             地場産業振興センター2階)
            
※詳しくは地域創生課へお問い合わせください。  
     地域創生課 地域創生係 電話 62-9521  

…その他の補助に関するお問い合わせ
  耐震改修について【都市建設課】62-9527
  太陽光発電システム設置について【環境課】62-9515
  浄化槽設置整備について【下水道課】62-0176
  介護保険の住宅改修サービスについて【介護保険課】62-9519
 

 

関連書類

01公募要領+対象工事例一覧[DOC:77KB]

02交付申請書様式及び記入例[DOC:79KB]

03税証明申請書・誓約書様式[PDF:65KB]

04実績報告書様式[DOC:48KB]

お問い合わせ

地域創生課
住所:〒715-0014 岡山県井原市七日市町10番地 井原市地場産業振興センター2F
TEL:0866-62-8850(内線305)
FAX:0866-62-8853

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

※「用語解説」のリンクは、「Weblio辞書」の用語の解説ページが別ウィンドウで開きます。