はり・きゅう・あんま・マッサージの施術を受けるとき

公開日 2017年03月01日

最終更新日 2018年03月15日

 はり・きゅう・あんま・マッサージの施術を受けたときは、医師の同意がある場合に限り健康保険適用となり、療養費が支給されます。ただし、療養費はいったん費用を全額支払ったあと、申請により払い戻しを受けることになります。

 ※費用を支払った日の翌日から2年を経過したら療養費の支給を受けることができません。

【健康保険が適用されるもの】

  • はり、きゅうの施術の場合

⇒神経痛、リウマチ、頸腕症候群、五十肩、腰痛症、頸椎ねんざ後遺症など

※注意  医療機関(病院・診療所など)で同じ疾患の治療を受けている場合、はり・きゅうの施術は保険適用となりません。

  • あんま、マッサージの施術の場合

⇒筋麻痺(筋肉が麻痺して自由動けないような症状)、関節拘縮(関節が硬くて動きが悪い症状)など

※注意  マッサージは傷病名ではなく、症状に対する施術になります。疲労回復や慰安を目的としたマッサーや疾病予防のためのマッサージなどは、保険適用となりません。

【医師の同意について】

・はり・きゅう・あんま・マッサージの施術で、保険適用の対象となるのは、医師が医療上必要と認め同意した場合に限ります。その際には、必ず医師の同意書等が必要となりますのでご注意ください。

・同意する医師は、原則、その疾患の主治医となりますので、主治医にご相談してください。同意を受けた後も定期的に主治医の診察を受けてください。

【申請に必要なもの】

  • 療養費支給申請書(窓口にもあります)
  • 領収書
  • 医師の同意書
  • 保険証(施術を受けた被保険者のもの)※70歳以上の高齢受給者は「高齢受給者証」も必要となります。
  • 認印
  • 世帯主の銀行預金等の口座番号がわかるもの(世帯主以外の方が受けとる場合は「受領委任状(申請書に記載欄あり)」が必要です)
  • 個人番号カードまたは通知カード(世帯主及び施術を受けた被保険者のもの)
  • 申請者(届出者)の本人確認のできるもの(運転免許証、個人番号カード、パスポートなど)

 ※療養費の受領を、各施術師に委任する場合、各施術師が代わりに支給申請することになります。委任する場合、各施術師が用意した支給申請書の委任署名欄に、被保険者自身が署名、または押印してください。なお、署名する際は、申請書の内容を確認してから署名をしてください。

【申請場所】

 本庁市民課保険年金係または各支所振興課

【関連書類】

 ・療養費支給申請書[PDF:142KB]

【関連リンク】

 ・柔道整復師等の施術にかかる療養費の取扱いについて(厚生労働省HP)

 ・医療費通知について(井原市HP)

 ・国民健康保険におけるマイナンバーについて(井原市HP)

 ・国民健康保険に係る本人確認について(井原市HP)

 ・国民健康保険で受けられる給付について(井原市HP)

 ・国民健康保険について(トップページ/井原市HP)

<お問い合わせ>
 ・市民生活部 市民課 保険年金係
  住所:〒715-8601
     岡山県井原市井原町311番地1 本庁舎1階北側
  TEL:0866-62-9514

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

※「用語解説」のリンクは、「Weblio辞書」の用語の解説ページが別ウィンドウで開きます。