国民健康保険税の減免制度について

公開日 2017年01月25日

最終更新日 2017年01月25日

国民健康保険税の納付が困難と認められる場合は、国民健康保険税を減免する制度があります。

 

分割納付等を行っても、国民健康保険税の納付が困難と認められる場合は、国民健康保険税を減免する制度があります。決定にあたっては、世帯の収入および資産等を調査し総合的に判断します。
※納期限前7日までに申請が必要です。納期を過ぎると、減免できない場合があります。


■申請の対象となる基準

●当該年度において、所得が皆無となったため生活が著しく困難となった場合

(1)世帯主及び被保険者の前年の合計所得金額が400万円以下の世帯で生計中心者が失業、やむを得ない廃業や休業、疾病や傷痍等により向こう12か月間の総収入見込額が、過去12か月間の総収入額と比較して減少割合が30%以上となった世帯で今後も国民健康保険税の納付が困難であると認められる世帯

●その他特別な事由があると認められる場合

(1)震災、風水害、火災、その他これらに類する災害により受けた損害金が、その住宅または家財の価格の30%以上の損害を受けた場合で、前年中の世帯の合計所得金額が1,000万円以下である場合

(2)冷害、凍霜害、干害等による農作物の減収に伴う損失額の合計額(農業災害補償法によって支払われるべき農作物共済金額を控除した金額)が平年における当該農作物による収入額の合計額の30%以上である世帯で、前年中の合計所得金額が1,000万円以下である場合(当該合計所得金額のうちその世帯の農業所得以外の所得が400万円を超えるものを除く。)

お問い合わせ

税務課
住所:〒715-8601 岡山県井原市井原町311番地1 本庁舎1階北側
TEL:0866-62-9509
FAX:0866-62-1744

※「用語解説」のリンクは、「Weblio辞書」の用語の解説ページが別ウィンドウで開きます。