古紙・古着類・廃食油の出し方について

公開日 2017年01月25日

最終更新日 2017年01月31日

古紙・古着類・廃食油は、毎月第2土曜日の 7:30~9:00 に決められた
収集場所(市内38ヶ所、下記ファイルをご覧ください)へ出してください。
次の7種類に分け、(1)~(6)については片手で持ち運べる量を
ひもで十文字にしっかり結んで出してください。

(1)新聞…広告を含みます。

(2)雑誌・古本…ノートを含みます。

(3)段ボール

(4)紙パック…水洗いをし、切り開いて乾かしてください。
アルミ使用のパックは「燃やすごみ」へ出してください。

(5)その他の紙…紙箱、包装紙などひもで縛りにくい場合は、紙袋に入れ、
それを十文字に縛って出してください。

【注意】
ただし、下記のものは古紙類として出せません。
「燃やすごみ」へ出してください。
・防水加工紙(ヨーグルトの容器や紙コップ)
・カーボン紙 ・圧着ハガキ ・感熱紙(レシート)
・印画紙の写真 ・捺染紙 ・臭いのついた紙(石鹸を包んである紙など)


(6)古着類 ボタン・ファスナーはついたままでかまいません。

【注意】
ただし、下記のものは古着類として出せません。
「燃やすごみ」へ出してください。
・毛糸の編物 ・革製品 ・綿入れ
・防水加工のしてあるもの ・靴下や下着などの小物

(7)廃食油 揚げ物に使う植物性の油
(例:菜種、コーン、べに花、ごまなど)
購入時の容器または1.5リットル、2リットルの
ペットボトルに廃食油を入れてお持ちください。
必ずキャップをしてください。

ご不明な点は、市役所環境課(電話 62-9515)までお問い合わせください。

古紙・古着類の収集場所[PDF:27KB]資源の日正しい分け方・出し方[PDF:292KB]

 

お問い合わせ

環境課
住所:〒715-8601 岡山県井原市井原町311番地1 本館2階北側
TEL:0866-62-9515
FAX:0866-62-1744

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

※「用語解説」のリンクは、「Weblio辞書」の用語の解説ページが別ウィンドウで開きます。