自動車リサイクル法について

公開日 2017年01月25日

最終更新日 2017年01月31日

●自動車リサイクル法とは?
自動車は、鉄やアルミ等の金属が多く使われているためリサイクル率が
高いものの、一部、シュレッダーダスト(車の解体・破砕後に残るごみ)
として埋立処分されてきました。しかし近年、最終処分場の容量が不足
してきたこと、これに伴い処分費用が高騰してきたことから、使用済
自動車の不法投棄・不適正処理が懸念されるようになりました。また、
使用済自動車をリサイクルするにあたり、フロン類やエアバッグ類を
安全に処理するためには、専門的技術が必要です。そこで、これらを
適正に処理するため「自動車リサイクル法」が作られました。

この法では、自動車メーカー・輸入業者にシュレッダーダスト、フロン類
やエアバッグ類の引取・リサイクルが義務づけられています。そして、
その引取・リサイクルにかかる費用と、リサイクルシステムを運営する
ための費用は、「リサイクル料金」として車の所有者が負担します。
リサイクル料金は基本的に新車購入時に払います。リサイクル料金を
支払うと、リサイクル券が発行されますので、車検証と一緒に大切に
保管してください。


●対象となる車は?
以下を除くほとんど全ての車が対象です。
・被けん引車
・二輪車(原動機付自転車、側車付のものも含む)
・大型特殊自動車、小型特殊自動車
・その他農業機械、林業機械、スノーモービル等


●リサイクル料金は?
メーカー、車種、エアバッグの個数等によって、1台ごとに異なります。
各自動車メーカーがホームページ等で公表していますので、そちらで
ご確認ください。


リサイクルの流れなど詳細については、
財団法人自動車リサイクル促進センター、自動車リサイクルシステムの
ホームページをご覧ください。

自動車リサイクル促進センター

自動車リサイクルシステム

お問い合わせ

環境課
住所:〒715-8601 岡山県井原市井原町311番地1 本館2階北側
TEL:0866-62-9515
FAX:0866-62-1744

※「用語解説」のリンクは、「Weblio辞書」の用語の解説ページが別ウィンドウで開きます。