高額介護(予防)サービス費

公開日 2017年01月26日

最終更新日 2018年06月04日

同月中に利用したサービスの利用者負担の合計(同じ世帯内に複数の利用者がいる場合は世帯合計)が次の区分ごとの限度額を超えた場合には、超えた額が申請により払い戻されます。

●生活保護受給者及び世帯全員が市民税非課税者で、老齢福祉年金受給者
(利用者負担第1段階)                             限度額 15,000円(個人)

●世帯全員が市民税非課税者で、課税年金収入額と合計所得の合計が80万円 以下の人
(利用者負担第2段階)                             限度額 15,000円(個人)

                                            24,600円(世帯)

●世帯全員が市民税非課税者で、課税年金収入額と合計所得の合計が80万円を超える人
(利用者負担第3段階)                             限度額 24,600円(世帯)

●市民税課税世帯
(利用者負担第4段階[一般])       限度額 44,400円(世帯)※1

●現役並み所得者(市民税が課税されている世帯)

(利用者負担第4段階[現役並み所得]) 限度額 44,400円(世帯)※2

※1 同じ世帯の全ての65歳以上の方(サービスを利用していない方を含む)の利用者負担割合が1割の世帯は、年間446,400円(37,200円×12ヶ月)の上限が設けられ、年間を通しての負担額が増えないようにされます(H29年8月から3年間の経過措置)。

※2 世帯内の課税所得145万円以上の65歳以上の人(第1号被保険者)がいる方。ただし、同じ世帯の全ての65歳以上の方の利用者負担割合が1割で、その世帯の65歳以上の人(第1号被保険者)の公的年金や給与、事業などの収入金額の合計が520万円に満たない(1人なら383万円)場合、一般段階となります。


○一度申請をすれば、次回からは該当があれば初回申請時に指定した口座に振り込まれます。
○申請時、領収書の添付が省略できます。

【対象とならないもの】
・食事代、居住費、日常生活費、雑費
・福祉用具購入費、住宅改修費
・利用限度額を超えた部分の自己負担額

お問い合わせ

介護保険課
住所:〒715-8601 岡山県井原市井原町311番地1 本庁舎2階北側
TEL:0866-62-9519
FAX:0866-65-0268

※「用語解説」のリンクは、「Weblio辞書」の用語の解説ページが別ウィンドウで開きます。