インフルエンザ警報発令中!

公開日 2017年01月31日

最終更新日 2019年02月06日

インフルエンザ警報が発令中です。

 

 岡山県は、インフルエンザの発生が急増したことにより、平成31年1月24日にインフルエンザ警報を発令しました。

 インフルエンザは、ひとりひとりの予防対策、また、かかってしまった時には他の人にうつさないようにすることが大切です。インフルエンザにかかってしまったら、早めに医療機関で受診し、安静にして休養をとりましょう。

 

○インフルエンザの予防


・外から帰ったら、手洗い・うがいをしましょう。

・人混みに入る場合には、マスクを着用しましょう。

・特に、高齢者や慢性疾患を持っている方は人混みを避けましょう。

・十分な睡眠、バランスのよい食事などに気をつけて、体力・抵抗力をつけましょう。

・室内では加湿器等で適度な湿度を保ちましょう。

 


○かかったかな?という時は

 

・早めに医療機関で受診し、確実に治療しましょう(受診の際にはマスク着用)。

・家庭に残っている解熱剤は勝手に使用せず、医師に相談しましょう。

・水分を十分とり、安静にして休養をとりましょう。

・乳幼児ではまれに脳症を起こすことがあります。
 次のような症状が見られるときは、すぐに医療機関に相談しましょう。

 ◎水分を取った後すぐ吐いてしまい元気がない
 ◎意識がはっきりせず、うとうとしている
 ◎けいれんを起こす

・小児・未成年では、インフルエンザの罹患により、急に走り出す、ウロウロと歩き回る等の異常行動を起こすおそれがあります。抗インフルエンザウイルスの有無にかかわらず、インフルエンザと診断され治療が開始された後、少なくとも2日間は、一人にならないよう配慮をお願いします。

・予防接種を受けた人でもかかることがあります。油断せず注意しましょう。
(ただし、予防接種を受けている場合、かかった際でも軽症であるとされています。)

・人混みや繁華街への外出を控え、無理をして学校や職場などに行かないようにしましょう。

・『咳エチケット』を心がけましょう。

 ◎咳・くしゃみの際はティッシュなどで口と鼻を覆う。
 ◎咳・くしゃみが出るときはマスクを着用する。

 

 健康管理に気を配り、この冬を健康な体で乗り切りましょう。

 

 その他、詳しくは下記のリンクをご覧ください。

 

【関連リンク】

インフルエンザQ&A(厚生労働省) 

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/qa.html

 

お問い合わせ

健康医療課
住所:〒715-0021 岡山県井原市上出部町658-2 井原保健センター1F
TEL:0866-62-8224
FAX:0866-62-8249

※「用語解説」のリンクは、「Weblio辞書」の用語の解説ページが別ウィンドウで開きます。