市民後見人の候補者募集について

公開日 2017年07月11日

最終更新日 2017年07月12日

 認知症等により、判断能力の不十分な人が、住み慣れた地域で安心して生活することができるよう支援する制度として、「成年後見制度」があります。「市民後見人」は、この制度によって裁判所から成年後見人等として選任されることにより、後見活動を行います。

 市では、市民後見人として登録していただく候補者を募集しています。候補者には、10月から12月にかけて実施される全8日間の研修に参加していただきます。

◆応募資格

 次の全てに該当する人とします。

(1)養成研修の受講を開始する年度の4月1日現在における年齢が30歳以上70歳未満であること。

(2)市内に住所を有し、現に在住していること。

(3)社会貢献に対する意欲と熱意があること。

(4)成年後見制度及び高齢者、障害者等の福祉活動に理解と熱意があり、高齢者、障害者等の福祉活動について

   実績があること。

(5)心身ともに健康であること。

(6)原則として養成研修の全ての課程を受講できる見込みがあること。

(7)市民後見人として活動する意思があること。

(8)次のいずれにも該当しないこと。

  ア 民法第847条に規定する後見人の欠格事由に該当する者

  イ 民法第20条に規定する制限行為能力者

  ウ 民法の一部を改正する法律(平成11年法律第149号)附則第3条第1項の規定により成年被後見人と

    みなされる者及び同条第2項の規定により被保佐人とみなされる者

◆募集人員

 3人程度

◆申込締切

 平成29年8月31日(木)

◆申込方法

 地域包括支援センターに指定の申込書を提出してください。

 詳しくはお問い合わせください。

◆お問い合わせ先

 井原市役所 介護保険課 井原市地域包括支援センター

 TEL:(0866)62-9552

※「用語解説」のリンクは、「Weblio辞書」の用語の解説ページが別ウィンドウで開きます。