食中毒注意報が発令されました!

公開日 2017年06月28日

最終更新日 2017年06月28日

食中毒注意報が発令されました

 

岡山県では、気温及び湿度等の状況から食中毒の発生が危惧される状況になったため、平成29年6月26日付けで県内全域に「食中毒注意報」が発令されました。

 

「食中毒予防の三原則」に注意して食品を取り扱い、食中毒を予防しましょう。

 

★食中毒を防ぐ3原則

 

「付けない」「増やさない」「やっつける」

 

①「付けない」

・調理前、食事前、トイレ後には、手をよく洗う。

・生肉、生魚を触った後は、しっかり手を洗う。

・野菜などの食材はよく洗う。

・肉や魚の汁が、生食用の食品にかからない様する。

・まな板、ふきん等の調理器具は、十分に洗浄消毒を行う。

・調理器具は加熱用と生食用に分ける。

・1つのまな板を使う場合は、加熱しない食品を先に切り、魚や肉は後から切る。

・焼き肉をする時は、生の肉をつかむはしと食べるはしを使い分ける。

・食肉の生食は避ける。

 

②「増やさない」

・作った料理は早めに食べる。

・生鮮食品や調理後の食品は、10℃以下で保存する。

(生食用鮮魚介類は、4℃以下で保存するよう努めましょう。)

・保存する場合は冷蔵庫を使い、長時間室内に放置しない様にする。

・購入したものはすぐに冷蔵庫へ入れる。

・冷蔵庫は詰めすぎず、3割程度は空けておく。

 

③「やっつける」

・中心まで火が通っているか確認し、十分に加熱する。

・特に、食肉は中心の色が完全に変わるまで十分に火を通す。

・肉や魚を扱った器具は、熱湯や漂白剤をかけて消毒する。

 

気になる症状があるときは、医師の診断を受けましょう。

 

 

お問い合わせ

健康医療課
住所:〒715-0021 岡山県井原市上出部町658-2 井原保健センター1F
TEL:0866-62-8224
FAX:0866-62-8249

※「用語解説」のリンクは、「Weblio辞書」の用語の解説ページが別ウィンドウで開きます。