食中毒(ノロウイルス)注意報が発令されました

公開日 2017年12月14日

最終更新日 2017年12月14日

 岡山県は、最近の感染性胃腸炎患者の発生状況からノロウイルス食中毒の発生が危惧されるため、平成29年12月14日付けで県内全域に食中毒(ノロウイルス)注意報を発令しました。

ノロウイルス食中毒の予防のポイントは以下の通りです。

 

●感染していても症状が現れないことがあるので、次のことを常に心がけましょう。

      1『清潔』(ウイルスをつけない)

  • 下痢やおう吐などの症状があるときは、食品を直接取り扱う作業に従事しないようにしましょう。
  • 調理前や用便後は、石鹸を十分泡立て、流水で手をよく洗いましょう。
  • 盛りつけ時など、食品に直接触れるときは、「使い捨て手袋」を着用しましょう。
  • 二枚貝などを取り扱うときは、専用の調理器具(まな板、包丁)を使用するか、取り扱った後は調理器具を十分に洗浄・消毒しましょう。

     

      2『加熱』(ウイルスをやっつける)

  • 加熱して食べる食品は、中心温度85~90℃で90秒以上加熱しましょう。

 

  ※ノロウイルスには、次亜鉛粗餐ナトリウム*による消毒も有効です。

   *  塩素系漂白剤(使用にあたっては、「使用上の注意」を確認しましょう)

 

お問い合わせ

健康医療課
住所:〒715-0021 岡山県井原市上出部町658-2 井原保健センター1F
TEL:0866-62-8224
FAX:0866-62-8249

※「用語解説」のリンクは、「Weblio辞書」の用語の解説ページが別ウィンドウで開きます。