井原市地域おこし協力隊員募集中!(令和2年2月着任予定)

公開日 2019年03月04日

最終更新日 2019年03月04日

井原市地域おこし協力隊設置要綱に基づき、次のとおり「地域おこし協力隊」を募集します。

【令和2年2月1日着任予定】

1.活動地区・内容及び募集人員

 ①大江地区   1~2人 
  ・水稲及び地元特産品(にんにく、ウコン)の生産販売支援
  ・地域農業の6次産業化と法人化の推進
  ・地域の農業活動支援(農業後継者確保)
  ・その他まちづくり活動支援 に関すること 等

 ②西江原地区   1人
  ・史跡や文化を題材としたまちおこし事業の開発と情報発信
  ・古民家や空き家、農地を活用した歴史・文化の伝承場所づくり
  ・若者・子どもたちの推進組織の育成と事業の開発
  ・推進・既存事業との連携・統合を考えた事業の充実策の策定と推進
  ・青空市の立ち上げと運営 に関すること 等

 ③美星地区    1人
  ・農地の耕作放棄解消に向けた取組み関すること
  ・「星の郷美」プロモーション支援に関すること
  ・地域振興団体「ir.bisei」の活性化動支援に関すること
  ・その他まちづくり活動支援 等

 

詳しくは、下記「募集要項」をダウンロードしてご覧ください。

R2.2井原市地域おこし協力隊募集要項(大江)[PDF:572KB]

R2.2井原市地域おこし協力隊募集要項(西江原)[PDF:544KB]

R2.2井原市地域おこし協力隊募集要項(美星)[PDF:466KB]

  

【主な事項】(※各募集ごとの詳細は募集要項をご覧ください。)
2 活動時間  1日7時間30分、月135時間の活動を想定しています。
 *活動時間帯は、活動内容によって変動します。

3 委嘱形態・期間等
(1)地域おこし協力隊員として市長が委嘱します。(市との雇用関係はありません。)
(2)委嘱時期は、原則として令和2年2月1日としますが、相談の上調整します。
(3)委嘱期間は、原則として1年とし、活動に取り組む姿勢、活動成果等を勘案し、
1年ごとに更新し、最長で委嘱の日から3年まで延長します。

4 処遇・福利厚生等
(1)報償費等
 ・報償費:月額16万6千円(年額199万2千円)
 ・活動経費:年間上限200万円

例:家賃(原則として月額3万円程度を限度)
 活動に使用する車両のリース料や燃料費等
 活動に必要な通信費や消耗品費等
 活動に必要な研修・セミナー受講料や出張旅費等
 活動に必要なパソコン、プリンターに要する経費
 活動期間中の傷害保険及び賠償責任保険に係る保険料
 ・着任経費(引越し費用等)として、上記とは別に一律10万円を支給します。
 ・市との雇用関係は無く、健康保険料及び国民年金保険料は各自の負担となります。
 ・地域おこし活動に支障のない範囲において、就業等も可能です。

5 応募手続
(1)申込受付期間  募集①~③ 令和2年1月8日(水)必着

(2)提出書類  所定の応募用紙に住民票、納税証明書、免許証の写しを添付の上、井原市役所未来創造部定住観光課に郵送又は持参して下さい。

6 現地案内(事前下見)
  応募に際して、事前(第2次選考まで)に日程調整の上、市職員又は受入団体等が井原市内・受入地域をご案内いたしますので、井原市役所未来創造部定住観光課にご連絡ください。なお、その際の交通費等は全て自己負担となります。また、宿泊については、「いばらぐらしお試し住宅」等の斡旋が可能です。

7  選考の流れ
(1)審査方法
(第1次選考・書類審査)
 書類審査の上、結果を応募者全員に文書で通知します。
(第2次選考・面接審査)
 第1次(書類)審査合格者について面接審査を行います。
 第2次選考審査は井原市内の会場で実施予定であり、詳細な日時・会場等は、第1次審査結果を通知する際にお知らせします。
 なお、第2次選考審査に要する交通費・宿泊費等は、全て個人負担とします。

(2)最終選考結果のお知らせ
 選考結果が決定次第、お知らせします。

(3)申し込み・問合せ先
  〒715-0014 岡山県井原市七日市町10
  井原市役所 未来創造部 定住観光課
  TEL 0866-62-9521
  FAX 0866-62-8853
  電子メール ibaragurashi@city.ibara.lg.jp

 

お問い合わせ

定住観光課
住所:〒715-0014 岡山県井原市七日市町10番地 井原市地場産業振興センター2F
TEL:0866-62-9521(定住推進係)0866-62-8850(観光係)
FAX:0866-62-8853

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

※「用語解説」のリンクは、「Weblio辞書」の用語の解説ページが別ウィンドウで開きます。