経済センサス-基礎調査 調査員の募集について

公開日 2019年03月10日

最終更新日 2019年03月15日

 経済センサス-基礎調査は、全国すべての事業所を対象に、総務省統計局が「統計法」に基づき実施する国の重要な統計調査です。

 一緒に統計を作っていただける調査員を募集しています。

経済センサス-基礎調査とは

【調査の目的】

 我が国のすべての産業分野における事業所の活動状態等の基本的構造を明らかにするとともに、事業所・企業を対象とする各種統計調査の母集団情報を整備することを目的としています。

【調査事項】

 事業所の名称、所在地、活動状態

 ※新たに把握した事業所については、調査票を配布し、従業者数、事業の内容、法人番号、年間総売上額等も把握します。

調査員の仕事の内容

 担当区域の事業所の活動状態等を確認し、新たに把握した事業所に調査票を配布します。(回収はありません)

 おおまかな調査事務の内容と流れは下記のとおりです。

 ※調査事務は、『調査員用端末(タブレット端末)』を使用して行います。

〇実査準備

1.調査員説明会への出席

   調査の説明を受けるとともに『調査員用端末』受け取ります。

2.自宅での復習・『調査員用端末』の操作の習熟

   調査事務の復習を行うとともに『調査員用端末』の操作方法について習熟を図ります。

〇実査事務

1.事業所の活動状態の確認

 担当調査区を巡回し、事業所の活動状態を『調査員用端末』に入力します。

2.新規把握事業所への調査票の配布

 新たに把握した事業所に調査票を配布します。

 (調査への回答はインターネットまたは郵送で行いますので、調査員による調査票の回収はありません。)

3.調査報告の実施(調査中&調査完了時)

 『調査員用端末』から調査の実施状況を中間報告(送信)するとともに、調査が完了した場合には完了報告(送信)をします。

4.『調査員用端末』の返却

 指定する期日までにすべての調査を完了させた上で、『調査員用端末』と調査で用いた調査書類等を市に返却します。

調査時期・地区について

 (予定)

 ・第1期(2019年6~7月):①下出部、稲倉、高屋、大江  ②芳井

 ・第2期(2019年8~9月):美星

 ・第3期(2019年10~11月):西江原、荏原、野上

 ・第4期(2019年12月~2020年1月):井原、笹賀、青野

 ・第5期(2020年2~3月):木之子、県主、七日市、上出部

 ※各1人ずつの募集になります。重複しての申込も可能です。 

調査員の身分

 調査期間中(約2か月間)は、非常勤の地方公務員となります。それにより調査員には調査で知り得た内容を他の人に漏らしてはいけないという守秘義務が課せられます。なお、調査活動中に災害にあった場合には、公務災害補償が適用されます。

報酬

 約4~7万円(調査地区や事業所数により異なります)

資格要件

1.20歳以上の方

2.調査活動を最後まで責任をもって遂行できる方

3.調査活動中に知り得た秘密を保持できる方

4.税務、警察、選挙に直接関係のない方

申込方法

 「井原市統計調査員登録用紙」(市役所へ取りにきていただくか下記の添付ファイルをダウンロード)へ必要事項を記入の上、井原市役所企画課まで提出してください。

※申込にあたって簡単な面接(統計調査の業務に従事できる期間や時期、希望する区域などをお聞きします)と調査員証貼付用の写真撮影を行いますので、提出は本人に限ります。

申込締切

 平成31年4月10日(水)

 ※後日、お願いする方に電話で従事の依頼をします。

関連書類

【登録用紙】統計調査員登録用紙[PDF:113KB]

【チラシ】 経済センサス-基礎調査調査員募集チラシ[PDF:1021KB]

【調査員用端末(タブレット端末)】調査員用端末[PDF:811KB]

お問い合わせ

企画課
住所:〒715-8601 岡山県井原市井原町311番地1 本庁舎3階北側
TEL:0866-62-9504
FAX:0866-62-1744

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

※「用語解説」のリンクは、「Weblio辞書」の用語の解説ページが別ウィンドウで開きます。