平成30年7月豪雨災害で被災された方の医療機関での一部負担金(窓口負担)の免除の延長について

公開日 2019年02月28日

最終更新日 2019年06月24日

 井原市国民健康保険被保険者の方で、平成30年7月豪雨災害により被災し、下記に該当する場合には、医療機関で受診する際に、保険証部負担金免除証明書を提示することで、一部負担金(窓口負担)が免除されます。

 国の措置は令和元年6月30日までとなりますが、市独自に令和元年12月31日まで免除の延長を行います。令和元年6月30日までの一部負担金免除証明書をお持ちの方については、7月1日以降の免除証明書をお送りします。お持ちでない方(未申請者)は下記のとおり市民課で申請してください。

免除期間 平成30年7月5日から令和元年12月31日

免除対象 医療機関等における医療保険の窓口負担

     ※入院時の食事、部屋代、整骨院等の施術、保険対象外の費用等は免除対象となりません。

【免除対象となる方】

(1) 住家の全・半壊、全・半焼、床上浸水又はこれに準ずる被災をされた方
(2) 主たる生計維持者が死亡し、又は重篤な傷病を負われた方
(3) 主たる生計維持者の行方が不明である方
(4) 主たる生計維持者が業務を廃止し、又は休止された方
(5) 主たる生計維持者が失職し、現在収入がない方

〇一部負担金の免除申請について

 り災証明書、被保険者証、世帯主の認め印をお持ちになって市民課窓口で申請してください。

〇一部負担金の還付申請について

 一部負担金の免除対象となる方で、平成30年7月5日から令和元年12月31日までに医療機関等を受診し、医療費の支払いをされた方は、一部負担金の還付申請をすることができます。

申請に必要なもの 被保険者証、領収書(原本)、世帯主の認め印、振込先が分かるもの(通帳等)

※社会保険、共済組合、国保組合等の健康保険証を使っている方は、加入している医療保険者にお問い合わせください。

お問い合わせ

市民課
住所:〒715-8601 岡山県井原市井原町311番地1 本庁舎1階北側
TEL:0866-62-9513

※「用語解説」のリンクは、「Weblio辞書」の用語の解説ページが別ウィンドウで開きます。