井原市第5次情報化計画

公開日 2019年04月01日

最終更新日 2019年04月01日

 井原市第5次情報化計画の概要

○計画策定の趣旨
 本市においては、地域情報化を総合的・体系的に推進すべく「第4次井原市情報化計画」(平成28年度~30年度)を策定し、情報化に取り組んできた結果、高度情報化社会に対応したブロードバンド環境を市内全域に整備することで、市民の皆様が情報を利活用できる環境を整えてまいりました。
 しかし情報通信技術も目覚ましい発展をするなか「求められる地域情報化」にも変化が起きており、本市においても時代に即した新たな計画が必要になってきました。
 そのため「第4次井原市情報化計画」を見直すとともに、現状を踏まえた新たな「井原市第5次情報化計画」を策定しました。

○計画の役割
 情報通信技術を利活用し、市民の誰もが安全・安心に情報通信技術を利活用でき、その利便性を実感できる『安全・安心に暮らせるまち 「やさしさ」と「つながり」が実感できるデジタルコミュニティ』を目指すため、進むべき方向とその実現に必要な基本的施策を明らかにします。
 また、本市の各分野における今後の情報化施策の推進基準とするとともに、市民・企業・団体に取り組みへの参画を求めるガイドラインになるものです。

○計画の期間
 平成31年度(2019年度)~平成34年度(2022年度)

○基本方針
 情報通信技術は、地域全体にさまざまな可能性をもたらすと同時に、これまで地域が抱えていた課題を解決する有効な手段となることが期待されています。
 情報通信技術を活用して地域の情報化を進め、安全で快適な市民生活の創造と、活力ある地域産業の育成、人と人との新たな交流の活性化を図り、「安全・安心で、美しい自然と調和した、みんなが住みよさを実感できるまちづくり」を目標に、「事務の効率化・高度化、市民との情報共有、市民ニーズの行政運営への反映、市民と行政が情報交流できる環境づくり、情報セキュリティの強化」などを基本方針として更なる発展を目指します。
 本計画で進める地域の情報化は、市内一円に整備した情報通信基盤の有効活用や、災害等にも対応した情報通信基盤の強化を進め、新たなサービスを地域に提供していこうとするものです。すなわち「ICTの利活用で住みよさを実感できる情報化社会」へと施策を進めていきます。
 市民が誰でも容易にどこでも、安全・安心に利用できる環境を築き、その利便性を向上することで生活が豊かになり、人と社会と地域に笑顔が広がり、「やさしさ」や「つながり」が実感できる、子や孫など次世代に安心してつなげることができるデジタルコミュニティの実現を目指します。

 井原市第5次情報化計画の内容につきまして、添付ファイルをご参照ください。

井原市第5次情報化計画[PDF:8MB]

お問い合わせ

企画課情報管理係

住所:〒715-8601 岡山県井原市井原町311番地1

TEL:0866-62-9511

FAX:0866-62-1744

E-mail:jyouhou@city.ibara.lg.jp

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

※「用語解説」のリンクは、「Weblio辞書」の用語の解説ページが別ウィンドウで開きます。