熱中症の予防について

公開日 2020年06月03日

最終更新日 2020年06月04日

   熱中症に注意しましょう 

 

      毎年、この時期は熱中症への注意が必要ですが、今年は新型コロナウイルスの感染予防でマスクを着用

 しているため、体内に熱がこもりやすくのどの渇きも感じづらくなり、熱中症になるリスクが高くなっています。

  また、外出自粛による運動不足で汗をかく機会が少なく、体が暑さに慣れていないことや水分を蓄える機能の

 ある筋肉量が減り、脱水状態になりやすくなっています。

      熱中症にならないため、下記のことに注意し生活しましょう。

 

《 熱中症の予防のポイント 》

 ◆暑さを避けましょう

 ・室内で過ごす場合はエアコンや扇風機を利用しましょう(目安:室温28度以下、湿度70%以下)

 ・外出時には日傘や帽子を使い日差しを避け、通気性のよい服装を選びましょう。

 

 ◆こまめに水分補給しましょう

 ・のどの渇きを感じる前に、こまめに水分補給しましょう。

 ・大量に汗をかいたときは塩分も忘れずに補給しましょう。

 

 ◆適宜マスクを外しましょう

 ・気温や湿度が高い中でのマスク着用は要注意!

 ・屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合には、マスクを外しましょう。

 ・マスクを着用している時は、負荷のかかる作業や運動を避け、周囲の人と距離を十分にとった上で

     適宜マスクを外して休憩をとりましょう。

 

熱中症予防のポイント[PDF:778KB]

 

 【参考】

  厚生労働省 熱中症関連情報

   https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/nettyuu/index.html

  環境省 熱中症予防情報サイト

  http://www.wbgt.env.go.jp/

  消防庁 熱中症情報

  https://www.fdma.go.jp/disaster/heatstroke/post3.html

 

 

お問い合わせ

健康医療課
住所:〒715-0021 岡山県井原市上出部町658-2 井原保健センター1F
TEL:0866-62-8224
FAX:0866-62-8249

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

※「用語解説」のリンクは、「Weblio辞書」の用語の解説ページが別ウィンドウで開きます。