マスク着用の考え方について ~新型コロナウイルス感染症対策~

公開日 2022年05月26日

最終更新日 2022年05月26日

国から新型コロナウイルス感染症対策のマスク着用の考え方が示されました!(令和4年5月23日変更)

マスク着用は従来同様、基本的な感染防止対策として重要です。

①屋外では、人との距離(2m以上を目安)が確保できる場合や、距離が確保できなくても、会話をほとんど行わない場合は、マスクを着用する必要はありません。

②屋内では、人との距離(2m以上を目安)が確保できて、かつ会話をほとんど行わない場合は、マスクを着用する必要はありません。

 

 

 

身体的距離が確保できる

(身体的距離は2m以上が目安)

身体的距離が確保できない

 

屋内

屋外

屋内

屋外

会話を

行う

着用を推奨する

(十分な換気などの感染防止対策を講じている場合は外すことも可)

着用の必要はない

(例:ランニングなど離れて行う運動・鬼ごっこなどの外遊び)

着用を推奨する

着用を推奨する

会話をほとんど行わない

着用の必要はない

(例:図書館での読書、芸術鑑賞)

着用の必要はない

着用を推奨する

(例:通勤電車の中)

着用の必要はない

(例:徒歩通勤など、屋外ですれ違う場合)

状況に応じて、適切な対応をお願いします。

※夏場については、熱中症予防の観点から、屋外の「着用は必要ない」場面で、マスクを外すことを推奨します。

※お年寄りと会う時や病院に行く時は、マスクを着用しましょう。

  ※マスクは、不織布マスクを推奨しています。

別紙1(屋外・屋内のマスク着用について) (1)[PDF:331KB]

③小学校就学前のお子さんについては、他者との距離にかかわらず、マスク着用を一律には求めていません。

 

 

身体的距離が確保できる

(身体的距離は2m以上が目安)

身体的距離が確保できない

 

屋内

屋外

屋内

屋外

2歳未満

(乳幼児)

マスクの着用は推奨しない

2歳以上の就学前の子ども

他者との距離にかかわらず、マスク着用を一律には求めていません。

※マスクを着用する場合は、保護者や周りの大人が子どもの体調に十分注意した上で着用しましょう。

別紙2(子どものマスク着用について) (2)[PDF:159KB]

熱中症予防

マスクを着けると皮膚からの熱が逃げにくくなったり、気づかないうちに脱水になるなど、体温調整がしづらくなってしまいます。

屋外で人と十分な距離(2m以上を目安)が確保できる場合や会話をほとんど行わない場合には、熱中症のリスクを考慮し、マスクをはずすようにしましょう。

熱中症予防×コロナ感染防止

 

お問い合わせ

健康医療課
住所:〒715-0021 岡山県井原市上出部町658-2 井原保健センター1F
TEL:0866-62-8224
FAX:0866-62-8249

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

※「用語解説」のリンクは、「Weblio辞書」の用語の解説ページが別ウィンドウで開きます。