新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について

公開日 2022年06月15日

最終更新日 2022年06月12日

新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について

★10代・20代の男性と保護者の方へのお知らせ

ファイザー社とモデルナ社の新型コロナワクチン接種後に、ごくまれに、心筋炎・心膜炎を発症した副反応疑い事例が報告されています。

特に10代・20代の男性の2回目接種後4日程度の間に多い傾向があります。

3回目接種後の心筋炎発症数は、ファイザー社、モデルナ社ワクチンともに、2回目接種後と比べて頻度が低い傾向にあります。

詳細は、(厚労省)新型コロナワクチン接種後の 心筋炎・心膜炎について 第2版(2022年8月8日)[PDF:613KB]をご覧ください。

 

10代・20代の男性は、ファイザー社のワクチン接種も選択できます

令和3年10月15日に開催された第70回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会において、10代及び20代の男性については、ファイザー社ワクチンに比べて、モデルナ社ワクチンの接種後に生じる心筋炎等の発生頻度が高いことから、10代・20代の男性は、ファイザー社のワクチン接種も選択できるとの見解が示されました。

モデルナ社ワクチンの1回目をすでに予約された方、1回目をすでに接種している方も、ファイザー社のワクチン接種が可能です。

ご本人または保護者が希望する場合には、モデルナ社ワクチンを受けることもできます。

お問い合わせ

健康医療課
住所:〒715-0021 岡山県井原市上出部町658-2 井原保健センター1F
TEL:0866-62-8224
FAX:0866-62-8249

PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Acrobat Reader」が必要です。下記のAdobe Acrobat Readerダウンロードページから入手してください。

Adobe Acrobat Readerダウンロード

※「用語解説」のリンクは、「Weblio辞書」の用語の解説ページが別ウィンドウで開きます。