119番通報の仕方  | 応急手当・蘇生法  | 消火器の正しい使い方

いざというときのために!
緊急の時、どう対処したらいいのか、このページで説明してあります。

 
■ 119番通報の仕方
火事・救急・交通事故がおきたら 火事・救急で119番をかけるときは 落ち着いて正確に119番をダイヤルし、場所、目標、状況などをはっきり正しく告げてください。
  1. 火事・救急・その他の災害を明確に。
  2. 事故現場の目標・住所を正しく。
  3. 火事の場合;何が燃えているのか・負傷者の有無。
  4. 救急の場合;事故内容・負傷者の数。
  5. その他の災害の時は、救助の必要有無などの内容。
  6. 通報者の氏名と電話番号。

■ 携帯電話からの119番通報の仕方
  • 携帯電話で119番する場合は、現場の所在地をはっきり 確認してください。

  • 場所がわからない場合は、近くの目標物(学校・コンビニ・ガソリンスタンド・バス停など)を知らせてください。

  • 電波状態により、他の管轄の消防本部へ繋がることがあります。その場合は場所の確認後、井原消防へと転送されますので、落ち着いて場所等の情報をお伝えください。

  • 携帯電話の電話番号は、すぐ言えるようにしておいてください。折返し電話して状況をお聞きする場合があります。そのため、通報後も電源を切らないようにしてください。

■ FAXからの119番通報の仕方

聴覚や言語障がいなどがある方のために、FAXによる119番通報を受け付けています。

1.通報用紙に必要事項を記入します。
 
あらかじめ、住所・氏名・FAX番号・かかりつけの病院などを記入しておくと、いざという時に素早く送信できます。
 
FAX119番の通報用紙は、井原消防署、矢掛出張所、美星分駐所、芳井分駐所にも準備していますが、A4用紙に通報内容を記入してあればFAX通報は可能です。
 
 ※通報内容には次のことを記入してください。
 火災の場合

  ・消防車の向かう場所(住所・番地まで正確に)
  ・内容 なにが燃えているかなど
  ・あなたの氏名、FAX番号
 救急の場合
  ・救急車の向かう場所(住所・番地まで正確に)
  ・内容および救急車を必要とする方の年齢、性別
  ・あなたの氏名、FAX番号

2.通報用紙をFAXにセットし、局番なしの「119」をダイヤル、スタートボタンを押して送信します。


3. FAXを送信すると、通信指令室より受付確認の返信FAXが届きますので、そのまま、救急車(消防車)の到着をお待ちください。

 

FAX119番通報用紙の様式です。ダウンロードしてお使いください


問い合わせについて
119番は緊急回線ですので、災害情報や病院の問い合わせなどでの利用は、ご遠慮ください。
※災害情報・日曜休日当番医の案内 ・・・ 0866-62-8119
※その他の問い合わせ ・・・・・・・・・・・・・・ 0866-62-1260


救急車の利用について
救急車は緊急自動車ですので、急いで病院にいく必要のない方の利用は、ご遠慮ください。
また、サイレンを鳴らさずにという緊急走行はできません。  

▲ ページの一番上に戻る

■ 応急手当: 救命処置の流れ(心肺蘇生法とAEDの使用)
▲ ページの一番上に戻る

■ 消火器の正しい使い方
火災を大きくしないためにも、すばやく消火することが大切です。一般的には、炎が天井付近に達するまでは、消火器で消すことができます。万一のためにも消火器はいつでも使えるところに置いておきましょう。
1.安全栓を引き抜く 2.ホースをはずし火元に向ける
3.レバーを強く握る
▲ ページの一番上に戻る