本文へ移動

井原市ってどんなところ?

井原市の友好親善都市

公開日 2016年11月27日

最終更新日 2016年11月27日

魚津市(富山県)

写真:魚津市イメージ

魚津市は富山県の東部に位置し、古くから漁業・商業のまちとして発展してきました。西は海の幸豊かな日本海に面し、東には名峰剣岳などの立山連峰が広がっています。また、世界に誇る三大奇観、幻想的な「蜃気楼」と「ホタルイカ」、太古を今に物語る「埋没林」のまちとして知られています。

本市とは昭和57年に友好親善都市縁組を締結し、市民レベルの交流も活発に行われています。

大田原市(栃木県)

写真:大田原市

大田原市は栃木県北部の那須が原扇状地に位置し、豊かな沃野を擁した田園地帯が広がり、首都圏の食料供給基地として、また栃木県北部の商業都市として発展してきました。

平成17年10月1日には、湯津上村、黒羽町を編入合併し、新生大田原市として新たな一歩を踏み出したところであります。

大田原市は那須与一公の生誕地であり、「与一まつり」が8月に行われています。この与一がとりもつ縁で、昭和59年に友好親善都市縁組を締結しました。