井原市交流・定住ポータルサイト いばらぐらし

井原市役所 建設経済部地域創生課
電話:0866-62-9521
ファックス:0866-62-8853
Eメール:sousei@city.ibara.lg.jp

井原市ウェブサイトへ


現在の場所


井原市の紹介

井原市の概要

井原市は、岡山県の西南部に位置し、西は広島県に接しています。高梁川支流の小田川が、地域の南部を西から東へ貫流し、その流域の平野部に市街地が形成されています。

また、北部は、標高200〜400メートルの丘陵地帯で吉備高原へと続いています。地域の面積は、243.36平方キロメートルで、地形的には井原市街地を除いては、ほとんどが山々に囲まれた農山村です。全体的に温和な気候に恵まれ、年間平均気温は約13〜15度、年間降水量は1,000ミリメートル前後となっています。

平成17年3月1日、生活・経済・交通圏などで密接な結びつきのあった、井原市、後月郡芳井町及び小田郡美星町の1市2町が合併し、現在の「井原市」が誕生しました。

井原市役所所在地

井原市の位置

岡山県井原町311番地1
東経:133°27'
北緯:34°35'
最高(海抜)650.3メートル 最低(海抜)24メートル

井原市面積

面積:243.36平方キロメートル

井原市の特産品

ジーンズ

「井原」地域は、江戸時代中期から綿作がはじまり、藍染織物が盛んにつくられていました。

江戸時代の「藍染木綿」から明治の「備中小倉」へ、そして現在「デニム」へと呼び名は変りましたが、伝統ある高い技術力はいまも国内はもとより世界各国へ・・あなたのジーンズの生地も井原でつくられたものかも?

ブドウ

井原市は西日本有数のブドウの産地。ベリーA・ニューピオーネ・瀬戸ジャイアンツなどハウス栽培から露地ものまで多くの種類のブドウが、栽培されています。

ぜひ、食後のデザートに生産者の愛がこもった井原産のブドウをお召し上がりください。

明治ごぼう

重粘な土壌(赤土)で作られた井原市芳井町明治地区のごんぼう(ごぼう)は味と香りがよく、また肉質がち密なことから歯切れが良く、長持ちすることが特長です。

乳製品

美しい星のふるさとで育った乳牛から絞った新鮮な牛乳は、80度で20分間殺菌加工され、濃厚な口当たりはまさに絶品です。

また、その牛乳でつくったアイスクリームは、しぼりたて生乳の味を大切に、甘さ控えめで、安定剤・乳化剤を使っていません。 ヨーグルト・レアチーズケーキも大人気です。

豚肉加工品

美星町は養豚が盛んなエリアです。美しい星のふるさとで育った豚の肉は上質で美味しいと評判です。

上質な豚肉本来の旨みを大切につくられたハム・焼豚・ベーコン・ソーセージは種類も豊富で贈答用にも最適です。