市議会市長提案説明(平成28年6月市議会定例会)

公開日 2017年01月30日

最終更新日 2017年01月30日

平成28年6月13日(月)

■平成28年6月市議会定例会市長提案説明要旨

平成28年6月市議会定例会市長提案説明要旨

中国地方では今月4日に梅雨入りし、本格的に雨の多くなる季節となりました。台風や集中豪雨による災害、また、先般発生した熊本地震のような想像をはるかに超えた災害が、いつ何時起こるかわかりません。万が一このような災害が発生したとき、被害を最小限に食い止めるためにも、日ごろからの備えが非常に重要であります。
こうしたことから、本年4月、災害発生時における市民の避難場所を、一時避難先である「指定緊急避難場所」と、一定期間の滞在が必要な場合に利用いただく「指定避難所」に分けて、新たに指定したところであり、対象施設へ分かりやすい標示看板を設置してまいります。
また、昨日は井原リフレッシュ公園において総合防災訓練を実施し、防災体制の充実と関係機関との連携強化を図ったところであります。
なお、先月13日には、平成25年度から地域の防災リーダーとして育成を支援してきた防災士の皆様方が「井原市防災士連絡協議会」を立ち上げられました。自分たちの地域は自分たちで守るという「自助」「共助」の意識を更に高めていただき、行政もしっかりと連携を取りながら、防災体制の一層の充実に努めてまいりたいと考えております。

さて、本日6月市議会定例会をお願いいたしましたところ、皆様方にはご多用の中、お揃いでご出席を賜り、誠にありがとうございます。本定例会におきましてご審議をお願いいたします案件は、既にご案内申し上げておりますが、議案の説明に先立ちまして、最近の諸情勢および市政の状況等について申し述べ、議員各位並びに市民皆様のご理解とご協力を賜りたいと存じます。

まず、我が国の経済状況についてであります。
政府が発表した5月の月例経済報告では、「景気は、このところ弱さもみられるが、緩やかな回復基調が続いている」とし、先行きについては、「雇用・所得環境の改善が続くなかで、各種政策の効果もあって、緩やかな回復に向かうことが期待されているものの、海外経済で弱さがみられており、中国を始めとするアジア新興国や資源国等の景気が下振れし、我が国の景気が下押しされるリスクがある」としているところであります。
こうした中、政府は経済の好循環の更なる拡大を実現するため、平成27年度補正予算を迅速かつ着実に実施するとともに、平成28年度予算についてもできる限り上半期に前倒しで実施することとしております。

次に、地方をめぐる国の動きについてであります。
政府は、人口一億人を維持するための政策指針である「一億総活躍プラン」をまとめ、給付型奨学金の創設、同一労働同一賃金の実現、保育士・介護職員の処遇改善などを掲げているところであります。しかしながら、消費税率10%への引き上げを再延期する方針が示されるなど、財源の確保が危惧されることから、今後も国の動きを注視するとともに、地方の意見を十分に反映した議論がなされるよう、市長会などあらゆる機会を通じて国に対して強く働きかけてまいりたいと考えております。

次に、市政の状況等について申し述べます。
まず、報道等でご承知のとおり、去る4月20日に明らかにされた三菱自動車工業株式会社の燃費データ改ざんによる水島製作所生産停止についてでありますが、本市でも地域創生課へ相談窓口を設置するとともに、井原商工会議所や備中西商工会と連携し、情報収集に努めてまいりました。
その結果、本市といたしましては、影響を受けられた企業に対して、県の緊急融資支援策に対応できるよう「イバラノミクス」を拡充させ、6月1日から体制を整えたところであります。さらに、労働者の雇用の維持を図るため「雇用調整助成金の企業負担分への補助」を新たな支援策として、今議会に関係する補正予算を計上しておりますので、よろしくお願いいたします。
次に、本市のまちづくりの指針である「井原市第6次総合計画」の後期計画が平成29年度をもって満了することから、本年度と来年度の2か年で「井原市第7次総合計画」の策定に取り組んでまいります。策定にあたっては、市民や有識者等50人で組織する「まちづくり計画推進会議」の設置や市民アンケート調査等を実施し、さまざまな分野の皆様からご意見を賜りたいと思っております。皆様から寄せられたご意見は、同推進会議の代表などで構成する「第7次総合計画策定審議会」に集約していただき、行政と市民との協働作業により、可能な限り目標を数値化した、わかりやすい計画に仕上げていきたいと考えております。
次に、魅力発信に向けた取組みについてであります。
井原市マスコットキャラクター「でんちゅうくん」は、ご案内のとおり、全国に向けて本市の情報発信を積極的に行っているところで、「ゆるキャラグランプリ」につきましても、平成25年度から参加しており、昨年は総合18位という好成績を収めたところであります。こうした中、でんちゅうくんの知名度は確実に広まり、ゆるキャラグランプリへの参加目的が充分に果たせたことから、今回を最後のエントリーにしたいと考えているところであります。インターネットによる投票は7月22日から10月24日までとなっておりますが、ベストテン入りを目指して頑張りたいと思いますので、市民皆様には応援をよろしくお願いいたします。
また、新たに井原の魅力を首都圏に向けて強力に発信していくため、8月と11月の2回、東京・新橋の県アンテナショップを会場に、本市の特産品の販売や観光、移住・定住のPRを行うこととしており、この度の補正予算に事業費を計上させていただいております。
次に、環境教育の推進についてでありますが、恒例の環境フェアに加え、昨年度から取り組んでおります「井原市環境マイスター養成事業」を引き続き実施いたします。この事業は、環境問題に理解を深めた「環境マイスター」を育成するためのもので、今年度は7月9日に開講し、来年2月までに8回の講座を行なう予定であります。
また、新たな取り組みとして、夏休み期間中を利用し、小学生を対象とした「子どもエコ教室」を実施いたします。この教室では、小学生に分かりやすい体験型の教室を5回開催し、環境学習の強化に努めてまいります。
協働のまちづくりでは、各地区まちづくり協議会において、本年度4年目を迎えます「がんばる地域応援補助金」制度を活用し、各地区の特色を生かした取り組みをいただいているところであります。現在、11地区の「まちづくり協議会」から申請のありました35事業を採択しており、2回目の募集では、5地区から10事業の申請をいただいたところであります。引き続き、地域の活性化や地域課題の解決に向けた取り組みを、積極的に支援してまいります。
消費生活に関しましては、昨年6月に開設しました「井原市消費生活センター」への相談件数が、開設前と比較し約32%増となっております。市広報やお知らせくんなどによる啓発の効果が認められる一方で、依然としてインターネットサイト利用料の架空請求詐欺や、電話で金融商品などの取引をかたった詐欺事案が増えている状況でありますので、今後も引き続き、消費者被害の防止に向けた啓発活動の充実を図ってまいります。
次に、健康づくりの推進につきましては、昨年度から取り組んでおります、「おせっかい保健師健康相談事業」、「健康カフェ事業」を引き続き実施し、地域で気軽に利用できる健康相談の場をより多く設け、市民の健康の保持・増進を図ってまいります。
また、チームで楽しみながら生活習慣の改善に取り組んでいただく「メタボレンジャー笑ってチャレンジカップ」は、より多くの方に参加していただけるよう、名称を「健康いばらチャレンジカップ」に変更し、1チーム3人の参加人数を2人から3人に緩和するとともに、チャレンジ期間を約2か月短縮し、期間中の講座にヨガやボクササイズを取り入れるなどの見直しを行ったところ、昨年度より多い17チーム43名の参加をいただき、今月5日に開幕式を終え、4か月のチャレンジがスタートしております。がん検診関係では、井原医師会のご協力により、本年度から肺がん検診の医療機関検診を開始しており、市内3病院1診療所で検診を受けることが可能となっております。また、総合検診の日曜検診を増やすなど受診率の向上を図り、健康寿命日本一を目指したまちづくりに努めてまいります。
次に、臨時福祉給付金についてであります。
「一億総活躍社会」の実現に向け、賃金引き上げの恩恵を受けにくい高齢者を支援するため、年金生活者等支援臨時福祉給付金が支給されます。本市で対象者となる方、約6千人には、すでに5月初めに、ご案内をお送りし、申請の受付は8月8日までとなっております。5月末現在で5千100人あまり、約86%の方から申請をいただいており、6月中旬には1回目の支給を行う予定としております。
次に教育関係であります。
この度、井原中学校の新校舎建設に向けた基本設計が完了したところであります。これを踏まえ実施設計に入りますが、来年度には本体工事に着手したいと考えております。
文化関係では、かねてより制作を進めておりました、「まんが井原昔ばなし」が完成いたしました。「清兵衛(せいべい)の怪力」、「鬼の合戦」など、昔から市内で親しまれていた6編の民話をアニメーション化し、30分のDVDにまとめております。すでに、学校や公民館等公共施設に配布して、ご活用をお願いしているところでありますが、今後ホームページで一部公開するとともに販売用も制作しておりますので、この機会にぜひご覧いただき、私たちのふるさと井原を見つめ直すきっかけとしていただきたいと存じます。
次に、本市の平成27年度の会計状況についてでありますが、一般会計を初め、特別、企業のそれぞれの会計が、おおむね順調に進展し、健全な財政収支で所期の成果が得られたものと考えております。


以上、最近の諸情勢および市政の状況等について申し述べましたが、次に本定例市議会におきましてご審議をお願いいたします諸議案につきまして、その概要をご説明申し上げたいと存じます。

まず、予算案件についてであります。
議案第47号は「平成28年度井原市一般会計補正予算(第1号)」についてでありますが、今回の補正は、補助事業の決定によるもののほか、緊急を要するものを主体に必要な措置を講じたところであります。
その結果、補正額は、4億30万円、補正後の予算総額は199億5千130万円となった次第であります。その主な財源といたしましては、国県支出金および地方債等の特定財源と前年度繰越金を充当いたしております。
以下、歳出の主なものについてご説明申し上げます。
総務費では、地区集会所等整備事業費補助金に627万余円、コミュニティ助成事業補助金に170万円を計上しておりますほか、公共施設整備基金積立金に1億8千10万余円を計上しております。
民生費では、私立保育園補助金に510万円を計上しております。
衛生費では、飲料水供給事業補助金に214万余円を計上しております。
農林水産業費では、有害鳥獣被害防止対策協議会補助金に771万余円、園芸総合対策事業費補助金に1千29万余円を計上しております。
商工費では、元気応援商工業借入資金利子補給金に170万円、元気応援商工業借入資金信用保証料補助金に460万円、雇用維持・安定事業補助金に976万円を計上しておりますほか、首都圏情報受発信協働事業に110万円を計上しております。
土木費では、道路維持費に2千530万円、下水路費に2千490万円を計上しております。
教育費では、小・中学校の理科教育等設備整備事業に858万余円を計上しておりますほか、井原中学校校舎建設設計業務委託料 1億900万円を計上し、合併特例債を充当することといたしております。

次に、条例案件についてであります。
議案第48号「農村地域工業等導入地区に係る固定資産税の特例に関する条例を廃止する条例について」は、農村地域工業等導入促進法による固定資産税の優遇措置適用期間が終了したことに伴い、条例を廃止するものであります。
議案第49号「地方活力向上地域特定業務施設整備計画に伴う固定資産税の特例に関する条例の一部を改正する条例について」は、地域再生法の一部改正に伴い、所要の改正をするものであります。
議案第50号「井原市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例について」は、建築基準法施行令の一部改正に伴い、所要の改正をするものであります。
議案第51号「井原市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例について」は、学校教育法の一部改正に伴い、所要の改正をするものであります。
議案第52号「井原市営住宅条例の一部を改正する条例について」は、耐用年数を経過した市営清迫住宅3戸の用途廃止に伴い、所要の改正をするものであります。
議案第53号「井原市簡易水道条例の一部を改正する条例について」は、給水区域の拡大に伴い、所要の改正をするものであります。

次に、事件案件についてであります。
議案第54号「岡山県市町村総合事務組合の組合市町村数の減少及び規約の変更について」は、平成28年3月31日付けの津山圏域東部衛生施設組合および津山圏域西部衛生施設組合の解散に伴い、当該組合の脱退の承認および規約の変更を行うものであります。
議案第55号「財産の取得について」は、事務用パーソナルコンピューター178台を取得するものであります。

以上が、今回提案いたしました議案の概要でありますが、詳細につきましては、いずれ日程に上がりました都度、私なり関係職員から、ご説明申し上げたいと存じます。


おわりに、会議等への出席状況についてご報告を申し上げたいと存じます。
4月7日、岡山県市長会議が浅口市で開催され、出席いたしました。
4月13日、全国市長会理事会が東京都内で開催され、出席いたしました。
5月9日、岡山県西部衛生施設組合正副管理者会議が笠岡市で開催され、出席いたしました。
5月10日、中国市長会春季役員会および総会が玉野市で開催され、出席いたしました。
5月13日、備後圏域連携協議会が福山市で開催され、出席いたしました。また、G7倉敷教育大臣会合歓迎レセプションが倉敷市で開催され、出席いたしました。
5月28日、高梁川総合水防演習が総社市で開催され、出席いたしました。
5月30日、備中県民局管内事業説明会が倉敷市で開催され、出席いたしました。
6月2日、岡山県市町村振興協会理事会が岡山市で開催され、出席いたしました。
6月7日、8日両日、東京都内で開催された全国市長会議に出席し、国への要望事項を取りまとめました。

以上が報告でありますが、提出しております諸議案につきましては、何とぞ慎重にご審議の上、適切なご議決を賜りますようお願い申し上げまして、提案説明とさせていただきます。

お問い合わせ

秘書広報課
住所:〒715-8601 岡山県井原市井原町311番地1 本庁舎3階南側
TEL:0866-62-9501
FAX:0866-62-1744

※「用語解説」のリンクは、「Weblio辞書」の用語の解説ページが別ウィンドウで開きます。