井原市立 田中美術館 平櫛 田中

田中美術館トップページ > 田中について:平櫛田中について

井原市HPへ English

田中について



        

平櫛田中について

平櫛田中(1872〜1979)は岡山県井原市に生まれた、近代日本を代表する彫刻家です。
 本名を倬太郎(たくたろう)と言い、田中家から平櫛家に養子に入ったのち、田中(でんちゅう)と号しました。107歳でその生涯を閉じるまで、明治・大正・昭和の三代に渡って活躍しました。 岡倉天心と西山禾山に思想的な影響を受け、伝統的な木彫技術と西洋の彫塑を学んだ田中の作品は、観る者を引き込む緊張感と、人間味あふれる豊かな創造性を持っています。 なかでも井原地方の古い伝承に基づく《転生》(東京芸術大学大学美術館蔵)や、六代目尾上菊五郎をモデルに約20年の歳月をかけて完成した《鏡獅子》(東京国立近代美術館蔵、国立劇場展観)は、こんにち平櫛田中の代表作として知られています。

平櫛田中 略年譜
年代 できごと
明治5年 2月23日 井原市に生まれる
明治26年 大阪の人形師・中谷省古(せいこ)に学ぶ
明治30年 上京。翌年、高村光雲を訪ね、教えを受ける
明治40年〜大正2年 岡倉天心の指導を受ける
昭和12年 帝国芸術院会員となる
昭和19年 東京美術学校(現東京芸術大学)教授となる
昭和29年 文化功労者となる
昭和33年 《鏡獅子》完成
昭和33年 井原市名誉市民となる
昭和37年 文化勲章を受章
昭和40年 東京芸術大学名誉教授となる
昭和46年 平櫛田中賞設立
昭和54年 12月30日逝去(107歳)